労働者党理論誌『プロメテウス』62号発刊 


《中国・ロシアの真実を特集》

purome62

 今号も〝難産〟だった。特集以外の論文は7月頃には出来上がっていたのだが、中国とロシアに関する論文がなかなかまとまらなかったことが主な原因である。テーマが難しいとか時間がないということは、言い訳にならない。反省すべき点は多々あり、今後改善していかなければならない。ともあれ、何とか年内に発行できたことで、ご容赦願いたい。

 ロシアの侵攻に対するウクライナの反撃が膠着状態に陥っている中で、突如勃発したハマスとイスラエルの武力衝突は世界を震撼させた。テレビニュースは連日、イスラエル軍の容赦ない攻撃にさらされて苦しむガザ地区住民の姿を映し出している。帝国主義は必ずしも大国の〝専売特許〟ではないのだ。

イスラエルは米国の支援の下に軍事力を強化し、ミニ帝国主義国家に転化した。資本主義は、〝自由〟資本主義も国家資本主義も、行き着くところは、他民族を抑圧し殺害して恥じない帝国主義であることをまざまざと示している。帝国主義、その根底にある資本主義とのラジカルな(根源的な)闘いなしには、いくらかでも安定した平和も繁栄もあり得ないことを現実が示している。
 

そんな時代に、未だに中国を〝社会主義〟だと信じてやまない〝知識人〟やその体制を解明できず決まり文句でお茶を濁している〝前衛〟政党が存在すること自体が不思議である。特集は、中国、ロシアに対する批判的分析であるだけでなく、これらのエセ〝左翼〟勢力に対する徹底した批判である。
 

渡辺論文は、日本もまた帝国主義国家として登場していることを様々な側面から立証し、労働者の闘いの道を示している。是永氏のレポートは、ルポの形を取りながら、外国人労働者を無権利のままえげつなく搾取し、抑圧している日本のブルジョアたち(決して大企業だけではない)を告発している。〝理論誌〟としての本誌としては珍しいスタイルだが、このようなレポートもあって良いと思っている。読者の皆さまのご意見・ご感想をお待ちしています。

次号は、ロシア論文(下)の他に、労働者が直面する重要な諸問題をマルクス主義の観点から解明していきたい。帝国主義との闘いは大きなテーマとなるだろう。本誌が労働者、活動家の研究会で活用されることを願ってやまない。

(S)  ≪編集後記≫より

 

purome62back

申し込みは全国社研社でも労働者党でも結構です。

 

プロメテウス62号の定価は
本体1000円、送料200円です。

 

メールでのご注文は

webmaster@wpll-j.org 宛に。

 

郵便振替口座:001206166992 

 

 ISBN978-4-9912618-2-4

 C0431¥1000E

 

発行所:全国社研社

1790074
東京都練馬区春日町1-11-12-409

TEL・FAX 0367952822



 

労働者党HPのプロメテウス62号紹介記事はこちら